famous day

にこにこなベーシストがとても好き

練習で出来ないことは本番でも出来ない

アルティメットって楽しい。

 

 

ハンドをやりたいって言った理由に、

手元強くなりたい、

スペース見つけられるようになりたい、

シュート打ちたい

って言うのがあって。

 

やったことないけどって言ったのに

受け入れてもらえて嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

寂しがり屋の私は今考えると、

アルティメットが好きだけどそれ以上に、

アルティメットをするみんなといる時間が好き

だったんだろうなあと思っててね。

 

 

 

みんなと過ごす手段の一つが

アルティメットだったんだとも思ってて。

 

 

と、言うのも、

自分にディスクくるのどこか怖くて(笑)

 

キャッチミしたらどうしよう、

スロミしたらどうしよう、

って恐怖感がすごくて(笑)

 

 

まあこれはアルティに限った話ではなくて

中高時代にソフトやってた頃からなんだけど

 

ソフトやってた時も自分のところに

飛んできたら嫌だな~ってずっと思ってたな

なんならその時の方が強く思ってた

 

 

 

 

 

スロミしたくないし、

器用なタイプでもないから、

ディフェ引き付けてスペース空けたり、

奥走りまくって相手疲れさせたり、

本当にそういうとこだけ上手くなった(笑)

 

 

 

 

まあこれ心理的なこともあると思ってて

取れなかったらどうしようって思うと

大体キャッチミするし、

 

得意なウィングとかで攻める時は、

そんなキャッチミとかした覚えもないしな

 

なんなんかなゾーンオフェ好きなんかな?

 

ハンドなんか絶対無理って思ってても、

ゾーンでウィングから降りてく時とかは

全然苦手意識ないしミスもしないしな(笑)

 

 

 

 

 

そんなわけでね。

自分らのチームより格上だったチームに

入れてもらう(かもしれない)状況でこれだと

あかんと思ったわけです。

 

 

 

 

 

というか、

初めて身内じゃない人たちと試合出たけど

それはそれは楽しかったんだよね

 

あ、

私はアルティメット好きだ、って

純粋にそう思った

 

だから上手くなりたいって思ったし、

強くもなりたいって思った。

 

足を引っ張らない程度には

努力しようって思ったし、したいと思った

 

 

だからハンドやりたいと思ったの。

もう苦手意識しかないハンド。

 

 

 

ディスクもらう回数増やして、

手元の苦手意識を取り除きたい

もうね、これが1番。

 

空いてる(助けに行ける)スペースを

探せるようになりたい

スペース見つけてもいつも躊躇しちゃうからね

ガツガツ行きたいし、行けるようになりたい

 

シュート打ちたい

もうこれは決めれたら気持ちいいだろうなって

 

 

 

まあそんなだからハンドをやりたいってね

 

 

今回学んだのは、

ディスク取りたがりになること、

 

あとやっぱわかんないけど、

楽しさは貢献度に比例する気がする

 

たくさんたくさんディスク触れると

その分楽しくなる

 

そんな当たり前のことに

なんで今まで気付かなかったのか。

 

 

 

 

 

 

うむ、

 

頑張ろうわたし。